お問合わせ 更新履歴 sitemap
サーミスタコンポーネント ◇ サーミスタプローブ 計測器
HOME >製品概要 >サーミスタプローブ >標準サーミスタ温度プローブ  

 特 長 

標準サーミスタ温度プローブは、NISTとトレーサビリティが確立されている米国MEAS/TPGにおいて製作され、
  ITS-90に従った校正値表が添付されます。
サーミスタは、抵抗−温度変化率が大きいため、デジタルマルチメータおよびパソコンとの組み合わせることにより、
  下図応用例に示すような高分解能/高精度の温度測定が可能になります。
標準サーミスタ温度プローブは、二次標準器として使用で きます。

仕  様

使用サーミスタ型式 ガラスサーミスタ 46006
抵抗値 5kΩ at 25℃
精度 0.005℃
互換精 度 ±0.2℃
校正ポイント 0℃、40℃、70℃、Ga点29.7646℃の4点校正
ボディ−材質 ABS
使用温度範囲 −40℃〜+100℃
プロ−ブ外形 SUS φ3.76mm×L304.8mm 
接続ケーブル長さ L1524mm
接続方式 4線式、φ4mmY型端子、又は丸型コネクタ

標準サーミスタ温度プローブの応用例
高精度オイルバスの温度監視に標準
サーミスタ温度プローブを使用
標準サーミスタ温度プローブの抵抗値をデジタルマルチメータで測定
しパソコンへ 取り込み、抵抗値を温度へリアルタイムで変換し、右の
オイルバスの温度を監視し ているリ高精度リアルタイムモニタソフト
分解能:1/1000℃、 絶対精度 ±0.01℃を実現している。

Copyright(C)2007 NIKKISO-THERM CO.,LTD. All rights reserved.