お問合わせ 更新履歴 sitemap
サーミスタコンポーネント サーミスタプローブ 計測器
HOME >製品概要 >サーミスタプローブ >耳栓型温度プローブ  

サーミスタ温度プローブ(耳栓型)
医療機器届出番号:13B2X00125000002
耳栓型温度プローブ 

  耳栓型温度プローブは、外耳内にて体温を測定するサーミスタ温度センサを使用した耳式
体温測定用の温度プローブです。
外耳内にサーミスタ温度センサを挿入することにより、正確な体温を測定することができます。
医療機器メーカから販売されている生体モニタへ接続し、体温の監視測定が可能になります。 
人の体温を測定する場合、腋窩や口腔で測ると外気温などの外界の影響を受けやすくなります。
耳体温や直腸体温の方がより体温に近いと言えます。
又、腋窩体温は長時間の測定に向いていませんが、耳栓型温度プローブはデータロガーを使うこと
により、長時間の体温測定が可能になります。
N540高精度8CHデータロガーや、N550ワイヤレス温度ロガーが使用できます。
<本製品の特徴>

 ● 本センサ装着時でも外部の会話は円滑・正確に聞こえます。
 ● 内部に微細な通気孔がありますので、気圧差を減らし長時間使用する際の不快感を緩和します。
  人間工学的設計を採用しておりますので、装着後、外部の強い衝撃があったばあいでも耳の奥
    まで入らない安全な構造に なっています。
  約650種類のバクテリアに対する抗菌性がありますので、安心して使用いただけます。
    但し、サーミスタセンサ本体は、抗菌性ではありません。

<仕様>

    型 番 ITP010−27 (医療機器非該当品)
    サーミスタ 30kΩ@25℃
    精 度 ±0.1℃(0〜40℃)
    ケーブル長  3m 
    接続方法  φ2.5ミニプラグ


    型 番 400EPシリーズ (医療機器届出番号:13B2X00125000002)
    サーミスタ 2252Ω@25℃
    計測範囲 20℃〜50℃
    精 度  ±0.1℃(30℃〜40℃) 
    ケーブル長  3m叉は5m
    接続方法   φ6.3フォンプラグ、叉はφ2.5ミニプラグ 
添付文書ダウンロード
   
<サーミスタ温度プローブ(耳栓型)> 
 耳栓型温度プローブ φ2.5 3m ITP010−27
 
 
 耳栓型温度プローブ φ6.3 3m 400EP63

<データロガを使用した体温測定>
 但し下記は医療機器ではありません
 

N542データロガーと、耳栓型温度プローブを使用した連続体温測定。
同時に8CHまで測定できます。
N542高精度8CHデータロガーと耳栓型

N550ワイヤレス温度ロガーと、耳栓型温度プローブを使用して連続し鼓膜温度が測定できます。256,000データを記録し同時に8CHまで測定できます。
データ処理ソフトが標準で添付します。
 
N550ワイヤレス温度ロガーと耳栓型

Copyright(C)2007 NIKKISO-THERM CO.,LTD. All rights reserved.