更新履歴 sitemap
サーミスタコンポーネント サーミスタプローブ 計測器
HOME>製品概要 >サーミスタコンポーネント(素子) >サーミスタ選定表 >ゴールドチップサーミスタ
Micro-BetaCHIP MCD サーミスタ

サーミスタプローブ(MCD)
   MCD サーミスタ 外観 ●用途
 超音波センサ温度補正用センサ
 低流量センサ(液体またはガス)
 実験動物の研究
 ペルチェ(熱冷却装置)温度監視センサ
 浴槽シャワーの温度制御
 DNA研究センサ
 医療用カテーテル
 
■サーミスタの構造
      MCD サーミスタ 寸法 ●特長
 高速応答性(液体で200ミリ秒)
 カスタムトレランス可能
 室温+25℃における熱放散常数(0.3mW/℃標準)
 当社のmini-BetaCURVE装置よりも小型
 
  
■部品番号の例
   MCD サーミスタ 番号  micro-BetaCHIPプローブは、BetaTHERMのサーミスタ装置の最小パッケージです。このプローブは、迅速な温度反応を必要とする用途やスペースが非常に限られた用途向けです。プローブ自体は非常に小さく(直径0.475mm)、弱い部分もあります。センサはエポキシ樹脂で充填されたポリイミドチューブに入っています。micro-BetaCHIPサーミスタは20AWG(直径0.914mm)にの薄い被膜のチューブに取り付け可能です。カスタムプローブパッケージングは、NTCサーミスタ素子を高湿度や機械的な衝撃から守ります。 
   ユニットの容量が小さいので、センサは温度変化に対して非常に迅速に反応できます。従ってmicro-BetaCHIPサーミスタは、低体積のガスまたは液体の流れの検出に最適です。またこのプローブは小型なので、医療用カテーテル内に取り付け可能です。
 
■交換可能なmini-BetaCURVEの部品番号および仕様
MCD サーミスタ 仕様

超音波エコーセンサーに最適!!
 
なお、仕様は予告なしに変更することがありますのでご了承ください。


 

Copyright(C)2007 NIKKISO-THERM CO.,LTD. All rights reserved.