お問合わせ 更新履歴 sitemap
製品概要
44000シリーズ一般用 ■ 45000シリーズ高温型 46000シリーズ長期安定型
48000シリーズガラス封入 44900シリーズ航空宇宙用 55000シリーズガラス普及型
HOME >製品概要 >サーミスタコンポーネント >45000シリーズ(高温型)  
このシリーズは44000シリーズと同じ抵抗値特性を持つガラス封入型サーミスタです。ガラス封入型であるため長期安定性、耐湿性が良く高温域での使用ができます。

 長期間の安定性が10倍以上   耐湿性が格段に向上します
 −80℃〜+250℃で使用できる  電力消費能力が向上します

仕   様

タイムコンスタント よく攪拌された油槽内では2.5秒以内。空気中では、20秒以内。
互換精度 ±0.2℃(0〜70℃)
使用温度範囲 −80℃〜250℃
熱放散定数 よく攪拌された油槽内では10mW/℃以上、静止空気中では4mW/℃以上。
抵抗/温度特性 温度1℃毎の抵抗値を示した温度抵抗特性表が準備されています。
互換性データ 技術資料の精度データをご覧ください。
最大電力 50mW at 25℃〜2mW at 125℃、1mW at 250℃

サーミスタの故障原因は?

湿度が主なる故障原因です。水分が内部電極物質と反応して抵抗値を下げる方向のシフトを生じます。
45000、46000、48000各シリーズのガラス封入型サーミスタとVECOのガラスビード型サーミスタにはこの種の故障はありません。リード線との接続時などに生じる取扱上の不注意に起因する故障は、そのプローブとの組立作業をを含めて弊社に注文されれば無くすことができます。
露点サイクル試験
高温サイクル試験
標準の非ハーメッチック型サーミスタにとって湿分は主な
故障原因の一つです。この試験ではガラス封入サーミス
タを、11分間露点以下の雰囲気にさらし、その後11分間
通常雰囲気に戻すサイクルを繰り返しかけました。
3500サイクルを越えても何ら異常は認められません。
高温サイクル試験はもっとも厳しい試験の一つです。
11分間常温で保持したあと、11分間200℃の高温雰囲
気にさらしました。700サイクルを越えて、そのシフト平均
量は0.2℃でした。

Copyright(C)2007 NIKKISO-THERM CO.,LTD. All rights reserved.