お問合わせ 更新履歴 sitemap
サーミスタコンポーネント サーミスタプローブ 計測器
HOME >製品概要 >計測器 >高精度リアルタイムモニタ  

640CH 多チャネル データロガ N850

640CH 多チャネル データロガ

概 要

 サーミスタの抵抗値をリアルタイムで温度に変換し、数値表示とグラフ表示を行い、
 最大640チャンネルまで測定データを保存できる精密温度計(データロガ)です。

 お手持ちのパソコンに、USBで接続されたデジタルマルチメータおよび高精度リアルタイム
 モニタソフトの構成で、当社製の殆どのサーミスタの非直線抵抗変化を直線化します。
 当社サーミスタとの組み合わせで、高精度・高分解能・高速サンプリングの温度計測が可能です。

特 長

■ 分解能:0.0001℃、絶対精度:±0.01℃、再現精度:±0.001℃
■ データ保存は、パソコンのハードディスクを使用するため、長期間のデータ収集が可能です。
■ 操作は、すべてパソコンからの設定で行い、使用した計測条件は記憶されています。
■ 各チャンネル毎に、高精度環境にて値付けされたサーミスタの抵抗値を入力しておくことにより、
  温度に変換することが出来ます。。
■ デジタルマルチメータに接続された抵抗値を高精度で測定し、リアルタイムでパソコンに取り込み、
  Steinhart and Hart式にて温度に変換し、データの数値表示とグラフ表示が可能です。
■ NIST(アメリカ国立標準技術研究所)にトレーサブルな高精度温度計測が可能になります。

仕 様
計測開始と終了 パソコンの操作で開始と終了、又は指定した時間経過後終了
データ表示 リアルタイムで読取値、平均値、標準偏差、温度変換値を数値表示やグラフ表示
分解能 ±0.0001℃
絶対精度 ±0.01℃、Steinhart and Hart 式の精度±0.01℃
再現精度 ±0.001℃、Steinhart and Hart 式はソフトなので完全に保証
サンプル周期 1/100、1/50、1/10、1、2、4、8、10、30秒、1分から選択
収集時間 5、10、30分、1、2、6、12、24時間、2、4、7、30日から選択
収集CH数 マルチプレクサにより40CHから最大640CH
データファイル CSV形式でデータを保存その後数値表示、グラフ表示可能。お客様のExcelでも利用可能
収集容量 使用するパソコンのハードディスク容量による。PC2台使用の場合は各50,000データ迄
インタ−フェース Agirent34980Aの出力をUSB でパソコンへ接続
測定温度範囲 使用サーミスタの全温度範囲まで温度測定が可能です。
適合サーミスタ 当社のほとんどのサーミスタが使用可能です。
構 成
型 名 N851(Agirent34980A 1台) N852(Agirent34980A 2台)
対 応 OS Windows8/7(64bit/32bit)、Vista(SP1)、Xp(SP3) 同左
使用ポート USB2.0、又はUSB1.1 同左
システム構成 Agirent34980Aマルチファンクション/スイッチ計測ユニット(データロガ)
34921A マルチプレクサ(320CHの場合)、データ収集表示ソフト標準添付、取扱説明書
      
計測条件の設定
            
640CH データロガ 設定画面
  

   
リアルタイムの温度グラフ表示(0℃を0.000℃から0.001℃、0.002℃へ上昇)
     640CH データロガ 温度表示画面

N850高精度リアルタイムモニタの詳細な仕様は当社営業までお問い合わせ下さい。      
     

 

Copyright(C)2007 NIKKISO-THERM CO.,LTD. All rights reserved.